住宅購入に関するルール

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

土地選び

住宅・住居を購入するにあたって必ず必要になってくるのが土台となる土地です。
土地選びにもどのような家族模様があるのかによっても変わってくると思います。
夫婦のみなのか、子供がいるのかいないのか、同居人にお年寄りはいるのか。
なぜかというと、例えば小さいお子様がいれば小学校や中学校の学区はどこになるのか、公園や遊ぶ場所は近くにあるのか、治安はいい所なのか、一緒に暮らす人が多ければ多いほど、暮らしやすさを考える方は多いと思います。
ですが、予算もあるはずですし、必ずしも第一希望の所の土地が購入できるとも限りません。
ここで土地の良い選び方や、価格について知っておこうと思います。
一生住む場所ですし、沢山の要望が出てくるかと思います。
日当たりは良いのか、地盤は固いか、埋め立てではないか、回りの生活環境(ご近所さんなど)は良いか、上げればきりがないと思うのです。
そこで、条件が揃えば揃ったことに越した事はないのですが、あったとしても必然と人気が集まるため高額になってくるのです。
一番としては欲張らないという事が一番の秘訣と言えるかもしれません。
あれもこれもとなると、不動産なども売りたいが為に、そうでもない土地もよく見せようとし嘘を付く事も無いとは言えないからです。
かといって安すぎる土地にもそれなりの理由が必ずあります。
ですから土地を購入するに当って注意しておきたいのが、地盤はもちろん、周囲の道路状況、歩道の有無、交通量などの土地の安全性。
駅までの距離、バス停の有無、生活必需品を購入することができる店舗までの距離、騒音や振動・悪臭の有無、郵便局や銀行その他の公共施設までの距離など土地の利便性。
購入しようとしている土地がこれまでどのような用途で使用されていたか、土地の履歴です。
過去に田んぼや畑として使用されていた場合、その土地の地盤が緩い可能性がありますし、工業施設として使用されていた場合、有害物質などで土壌が汚染されている可能性もあるので、地盤については、不動産業者やハウスメーカーに聞くよりも、地盤調査報告書を閲覧請求した方が確実です。
あとは、上下水道管の設置の有無、ガス管、電線などライフラインの有無です。
そのような整備がされていなければ、新たに敷設する必要があり、別途費用がかかってきます。
土地を購入するには上記これらを最低条件とし、必要であれば自分たちの望む条件を足して探すのが土地選びを失敗せずに行えるでしょう。

話題になっている住宅について、マイナーだけどこのサイトをブックマークしましょう

  • 賃貸マンション情報が満載!家具家電付の物件多数なので、単身者には嬉しい。
Search


Copyright (C)2017住宅購入に関するルール.All rights reserved.