住宅購入に関するルール

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

受け渡しまでの過程と住む事になってから

新たに新築を購入する事を決め、住宅・住居の受け渡し完了するまでにどのような過程があるのか、また建設が終わり、自分の家となってからはどのような事が必要になってくるのか、このような事を知っていこうと思います。
一般的な大まかな流れとしては、(1)土地と建築会社探し、(2)住宅ローン融資の申請→仮審査通過、(3)住宅ローン融資の本審査の申請→本審査通過、(4)土地のローン融資実行(つなぎ融資など)、(5)設計打ち合わせ(間取り・デザイン・電気配線・外構など)、(6)設計審査に合格、(7)地鎮祭(するかしないかは施主次第)、(8)整地、水盛り、遣り方、(9)基礎工事(着工)、(10)上棟、(11)大工工事、(12)内装工事、(13)外構工事、(14)竣工、(15)建物のローン融資実行(引渡し)、(16)引っ越し、といった感じになります。
その中でもやはり納得した家を建てるに大事になってくるのは、建設会社・ハウスメーカー探しだと思います。
なぜかというとデザインや間取り、自分の思い描く家を建てたい場合、きちんとした話し合いを持ってくれ細かいところまで協力的なメーカーさんでないと叶えがたいからです。
メーカーさんごとにデザインや品質、価格だけは建設会社の個性がありそう変えれるものはないので、まずはデザインと価格のバランスの良さそうな建設会社を絞り、建設会社に行けばパンフレットに選択できる部材(床・ドア・窓・外壁・壁紙)などが載っていますので、自分で足を運び、建設会社を吟味することが必要かと思います。
また、ごく一部ですが有名メーカーさんだから安心して依頼をしたら欠陥だらけといった声を沢山聞きます。
ですからメーカー名で安心せず、まずは建築会社の評判をネットで調べたり、実際に担当者と話、雰囲気を掴んでおく事も大事です。
また、建設が終了し家の受け渡しも完了しましたらもう自分たちの夢のマイホームとなる訳ですが、家を持つことにより支払や手続き、税金がかかってきます。
支払としては、土地・住宅ローンの返済、団体信用生命保険特約料、固定資産税。
住宅購入で受けられる空除としては、住宅ローン空除(所得税・住民税)、固定資産税減免などがあります。
これらは地域や自分たちでどのような契約を結ぶかによっても変わってくるので、忘れてはならない手続きだけまとめようと思います。
銀行や光熱費の住所変更、住宅ローン減税の申請、住民票の転出または転入もしくは転居申請(実際には住宅ローン決済前に行います)、住宅エコポイントの申請(住宅エコポイントの申請可能期間内の場合のみ)、健康保険組合の住所変更手続き、これだけは忘れずにしましょう。
Search


Copyright (C)2017住宅購入に関するルール.All rights reserved.