住宅購入に関するルール

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

注文住宅と建売とはどう違うのか

新築を購入するにあたり、住宅・住居の販売している方法を知ろうと思います。
そのひとつとして建売とはすでに土地もあり、その土地にすでに家が出来上がっている状態での販売のことを言います。
注文住宅は、購入すると決めてから自分で購入した土地に建設が始まります。
どちらがいいのか悩んでいる方も多いと思いますので、色々比較してみようと思います。
価格について注文住宅に比べて建売の方が安い傾向にあります。
間取りや外装の自由は、注文住宅なら建築会社さんの方と話し合いながら変えていく事も可能ですが、建売の場合はすでに出来上がってしまっているので不可能です。
ですから、自分の理想通りの物件が見つかればよいのですが予算と照らし合わせ、注文住宅に比べると必ずしも満足のいく物件が手に入るとはいえないでしょう。
土地は、建売の場合セットでの販売になるので用意する必要はないのですが、注文住宅の場合は予め用意しておく必要があります。
品質については、注文住宅の場合、建築工事の進行具合も自分で同席する事も可能ですし、建築士による適正なチェックを遂行して行うので安心な面が大きいのですが、建売の場合はすでに出来上がっているために、手抜きや欠陥があってもすぐに気付く事は難しく何らかの症状がでてから気づく事が多いです。
アフターサービスは、注文住宅にせよ建売にせよ、きちんとした建設会社であればきちんとした対応を取ってくれますが、あまりにも適当な会社の場合、何らかの理由をこじつけられない所もあるので、会社の評判などは依頼する前にしっかりと下調べしましょう。
欠陥についてですが、注文住宅の場合も皆無とはいえませんが、適正な工事監理下においては極小だと思われますが、建売の場合は、利益を追求するあまり、建築経過も見られている訳ではないので、見えない部分で手抜きをされている可能性があります。
このように注文住宅と建売を比較してみましたが、見てみると注文住宅の方がいいのではないか?と思えてくると思いますが、注文住宅にしてもきちんとしない建設会社にあたってしまえば欠陥もでてきますし、建売にしても全部が全部上記のような事があるわけではありません。
先ほどの比較している部分でも触れましたが、家を購入しようとしている会社についての下調べが重要なのです。
ただし、建売の場合は建築の様子も分かりませんし、どのような部材を使って建築されたのかを掲載している会社は少ないので、大きな症状が見られる前に一度欠陥検診を受けてみたほうがよいでしょう。
その際、とりあえずのレベルで、設計事務所を利用すればそんなにお高い値段はかからないと思います。
ただし見るだけでは分らない場合があるので、売買契約書、建物の設計図一式、建物の確認申請書並びに確認済証、検査済証を用意しておくといいでしょう。
Search


Copyright (C)2017住宅購入に関するルール.All rights reserved.