住宅購入に関するルール

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

マンションと一戸建て

住宅を購入しようと考えたとき、マンションと一戸建てどちらを住まいにしようか考えると思います。
ですが、こればかりは地域にもよってくると思うのです。
都会などの高層ビルや沢山の建物が建っている場合、中々思ったような土地も少なく、あったとしても高額になる場合が多く、回りに高い建物があると日当たりも悪くなってくるので、都会の方だとマンションを購入する方が多いように見えます。
それにくらべて一戸建ては、それなりに土地もあり、逆にマンションなどの方が少ないので地方の方の方が購入される傾向があると思います。
ここで、マンションと一戸建てのそれぞれの良い所と不便な面をみてみようと思います。
マンションの方から見てみます。
まず、多くの人が住んでいる事から防犯対策もしっかりとしてあり、セキュリティー面が安心ということです。
一戸建ては自分で取り付けるなどの事をしない限りセキュリティー面では安心とは言えません。
また二階建の場合騒音に悩まれる事もあります。
土地としては、マンションの場合、利便性が高い場所に建てている所がほとんどです。
一戸建ての場合は、自分の土地として所有できるので、建物の建て替えも可能ですし、取り壊したとしても土地の価値は残るので一生の財産となります。
家などの管理は、メンテナンスや故障した場合でも責任を持って管理人側がやってくれるので楽といえます。
一戸建ての場合は、全て自分の管理下にあるので修理やメンテナンスの場合も自分でやらなくてはならないので少々面倒な事が増えるでしょう。
その他個々で見てみるとすると、マンションは、最寄駅の近くに住める、一戸建てより価格が安い、建物の欠陥が見当たりにくい、比較的日当たりが良い、景色がいい、色々な面でライフスタイルが楽になる、価値がなくなりにくいので販売するにも良いですし、住み替えがしやすいです。
一戸建ては、駐車場代がかからない、一軒一軒が離れているので比較的周辺の家族に気を使わなくて済む、修繕積立金がかからないが、個人で家の修理費などに当てる為に貯金はしておく必要がある、資産価値が高い、家のデザインや間取りのプランを自由に変えられる事が多い、自分の庭ができ開放的な空間が出来る、間取りがたくさんあるため十分な広さがあります。
マンションも一戸建てもどちらにも良いところが多く、劣るところはあまりないように見られます。
ですが、自分たちが何所に住むかによって、どのような所に住むのがピッタリなのか、必要になってくるのか、考えて購入するひつようがあると思います。
住宅・住居は一生に一度のとっても大事な買い物です。
沢山の時間をかけて決める事をオススメします。
Search


Copyright (C)2017住宅購入に関するルール.All rights reserved.