住宅購入に関するルール

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

寿命とリフォーム

一生に一度の大量出費をするのが、住宅・住居の購入の時です。
沢山のお金をかけて家を購入したのですから、せめて自分たちの寿命を途絶えるまで、もしくは、子供の世代まで残してあげたい、と思うものではないかと思うのです。
ですが、最近では日本の住宅・住居の寿命が世界各国からみた所、かなり短くなっているそうです。
欧米諸国と比べてみると歴然、日本の平均寿命が26年で、アメリカは44年、イギリスは75年です。
なぜこのように住宅寿命が短くなったのか、昔は職人と呼ぶべきである腕っ節の良い大工さんが、匠な技を駆使し、長年積んできた知識や技術を弟子が継ぎ、その技術の高さとしては、自然素材を使っているにも関わらず、調湿機能が整っていたそうです。
ですから、日本の古代からり国宝になっている建物達は丈夫で今に至っていると思うのです。
ですが今の時代、ローンという仕組みが出来てから誰でも住宅を購入できるようになりました。
その為、大量生産が求められるようになり、安価で質の悪い資材などを集め、その資材で家を建てるのですから質の悪い家が建つということです。
その結果が日本住宅の寿命が短くなった理由と言えると思うのです。
そして今、あまりにも日本住宅の寿命が短い為に、長期優良住宅(200年住宅)という、国が推薦している事を満たしている家であれば、様々な優遇措置が受けられる政策があるという事を耳にします。
ですが200年何もしなくても家が丈夫でいられるとい事ではありません。
昔の家からでもちょっとした修正はしながら住んできたのです。
ですが、寿命を延ばす最良な技法があったとしても、国の基準に入っていなければ使用しずらいというデメリットすらあるのです。
ですから、家を建てる際自分自身でも知識を身に着け、建築に使用されている材料や工法は今後家の寿命にどう影響してくるのかを理解しながら建築を進めてもらえれば、自分たちでもリフォームの目安などが付けやすいのではないかと思います。
そして今の日本住宅のリフォームを考えるのは、築20年を過ぎてからではないでしょうか。
一体いくらかかってくるのか、どこをリフォームすればよいのか、それは個人個人のお宅に伺わなくてはわかりませんが、ライフスタイルが変わりリフォームしたいといった方もいると思います。
そのような場合デザインは建築家の方とお話をしてみて予算内で済ませたいとお話するのがよいでしょう。
ですが、見えない部分も知らないところで痛みがでている場合があるので築20年を過ぎたら一度点検してもらうといいと思います。

話題になっている住宅について、マイナーだけどこのサイトをブックマークしましょう

Search


Copyright (C)2017住宅購入に関するルール.All rights reserved.